タグ:ワールドカップ ( 4 ) タグの人気記事

勝ちきれない日本、オーストラリアにドロー

f0176876_8222297.jpgW杯アジア最終予選で日本代表は、06年大会1次リーグ初戦で1-3の逆転負けを喫した強豪オーストラリアに0-0で引き分けました。いい試合はしていましたが、勝ちきれないという、いつもながら?の試合となってしまいました。

日本代表は松井大輔(サンテティエンヌ)が左サイドで先発。玉田のワントップを、田中達也(浦和)、中村俊輔(セルティック)の2列目がサポートします。GKは都築龍太(浦和)が先発。日本は前半、松井、田中達のドリブル突破や、裏への抜け出しでチャンスを得て、優勢にゲームを進めます。

後半12分、松井に替わり大久保嘉人(ヴォルフスブルク)が出場。後半20分過ぎには中村俊のパスに大久保が合わせるなど再三のチャンスを作りましたが、得点には至りませんでした。あと1歩というコメントは、もう聞き飽きました。あと1歩がとても大きく、とても難しい差なのです。

各組2位までがW杯本大会進出することができますので、W杯出場だけを考えれば大きな問題はありません。が、W杯で勝つチームにするのであれば、大きな問題です。

シンプルにボールを繋いでいくサッカーはできています。が、相変わらず得点が取れません。これを打破するために、組織サッカーの精度を更に上げていくのか、大久保がコメントしていたように、もっと積極的にシュートを狙っていくのか。この選択支が与える影響は大きいと感じています。
[PR]
by set_them_free | 2009-02-12 08:46 | サッカー

最高の勝ち方!?

サッカー日本代表は、バーレーンと最終予選第一節をおこないました。中村俊輔のフリーキックなどでアウェイの日本が3対2と競り勝ちました。

f0176876_755471.jpg前半18分、日本はゴール前でFKを獲得。遠藤が蹴る振りをしてしてボールをまたぎます。そして歩いてもとの方向へゆっくりと戻っていきます。誰もが蹴りなおしをするのだと思った瞬間に、中村俊介が放った低い弾道のシュートは、ゴール左隅に突き刺ささります。とくに練習などをしたことは無かったようですが、相手の壁に割って入っていた日本人選手たちも、蹴りなおしと思わせるために(思い込んでいたために?)、ぼーっとしていたようです(笑)

これでプレッシャーから開放された日本は、前半終了間際にも“職人”遠藤が落ち着いてPKを沈めます。後半66分には、田中達也のドリブルで抜かれた相手選手が手を使って田中達也を倒したことにより、2枚目のイエローカードをもらい退場となります。

そんななか、日本は途中出場の中村憲剛のミドルシュートが相手に当たりながらもゴールに吸い込まれ、リードを3点に。時計は85分を指し、試合はこのままアウェイチームの完勝で終わるかに思われました。思っても見なかった完勝です。が、この思いは視聴者だけでなくベンチまでもが共有していました・・・・。

カウンターからサイドに攻め上がり、対角線上にクロスを上げるという攻撃を徹底していたバーレーン。そのクロスに対して、内田が絶妙のスルー。それをゴールに押し込まれ1点差となります。ここで火がついて立て直してくれればよかったのですが、闘莉王がキーパーに返したバックパスは、クリアのために飛び出していた楢崎のいない無人のゴールへ・・・。

残り少ない時間でなんとかバーレーンを押し切り、勝ち点3奪取のミッションこそ達成した日本ですが、松井が累積警告により次節出場停止になるとともに、終盤の戦いぶりに課題を残して次節ホームでのウズベキスタン戦に臨むこととなりました。

3-0で勝っていた場合は、自分達が想像以上に仕上がりがよく、強いチームであると勘違いしていたかもしれません。この2失点が、最終予選の初戦、それも3-0でリードしている場面ででたことは幸いでした。結果的に勝ち点3を得ることもできましたし、最高の勝ち方?だったのかもしれません。
[PR]
by set_them_free | 2008-09-08 07:55 | サッカー

W杯最終予選のバーレーン戦 中村俊輔 稲本を選出

日本サッカー協会が、ワールドカップアジア最終予選第1戦のバーレーン戦に臨むメンバー20名を発表しました。

中村俊輔(セルティック/スコットランド)、稲本潤一(フランクフルト/ドイツ)、松井大輔(サンテティエンヌ/フランス)、長谷部誠(ボルフスブルク/ドイツ)の海外組が選出されたほか、北京五輪代表組からは長友佑都(FC東京)と西川周作(大分)が入りました。内田(鹿島)や安田(G大阪)は外れました。大久保嘉人(神戸)は出場停止のためメンバーから外れています。


20日のウルグアイ戦のメンバーからは、小野伸二(ボーフム/ドイツ)、大黒将志(東京V)らが招集されず、国内組では遠藤保仁(G大阪)と巻誠一郎(千葉)が復帰した。27、28日に行われるJリーグ第23節終了後、さらに数名の選手が追加される見込みです。

GK:
川口能活(磐田)
楢崎正剛(名古屋)
西川周作(大分)

DF:
中澤佑二(横浜FM)
高木和道(清水)
田中マルクス闘莉王(浦和)
駒野友一(磐田)
阿部勇樹(浦和)
長友佑都(FC東京)

MF:
中村俊輔(セルティック/スコットランド)
稲本潤一(フランクフルト/ドイツ)
遠藤保仁(G大阪)
中村憲剛(川崎)
松井大輔(サンテティエンヌ/フランス)
今野泰幸(FC東京)
長谷部誠(ボルフスブルク/ドイツ)

FW:
玉田圭司(名古屋)
巻誠一郎(千葉)
佐藤寿人(広島)
田中達也(浦和)
[PR]
by set_them_free | 2008-08-26 07:47 | サッカー

キリンカップ パラグアイ戦

サッカー日本代表は埼玉スタジアムでキリンカップのパラグアイ戦に臨みました。結果は0-0で引き分け。1勝1分けの日本は、キリンカップ2連覇を達成しました。・・・が、満足いく内容とは程遠かったように感じました。

岡田ジャパン初招集の中村俊輔が先発。、時折鮮やかなパスを繰り出しました。 この日は右サイドバックに阿部勇樹が入ったこともあり、左サイドの長友は積極的な上がりをみせます。コートジボアール戦に引続き、一番の収穫はこの長友ではないでしょうか。

右サイドが守備の良い阿部勇樹だったこともあり、ディフェンスラインは安定して見えました。しかし、決定機は少なかったです。左サイドで小刻みにパスを繋ぎ、俊輔のセンターリングをトゥーリオが、頭で合わせたシーンが一番の見せ場だったでしょうか?

たしかに、現在ワールドカップ南米予選で、ブラジルやアルゼンチンを押さえて首位に立つ、各上のパラグアイとはいえ、彼らは国内組み中心の言わば1.5軍。やっぱり勝ちが欲しかった試合でしたね~。

キリンカップの優勝?そんなの関係ありません。今は、ワールドカップ予選に向けて、チーム力を高めることが、海外組みをうまく融合させることが最重要!その割には、若干迫力に欠けたかなぁ~。

それにしても、中村俊輔はやっぱり凄いですね。果たして1週間で、うまく海外組みを融合させることが出来るのでしょうか?次は、絶対に負けられない戦いです。日本代表は6/2に、ワールドカップ3次予選の第3戦、オマーン戦に臨みます!

ガンバレ、日本!
[PR]
by set_them_free | 2008-05-28 08:09 | サッカー