<   2008年 07月 ( 21 )   > この月の画像一覧

村上春樹の世界的ベストセラー「ノルウェイの森」映画化

日本での累計発行部数870万部を誇る村上春樹の大ベストセラー小説「ノルウェイの森」が、映画化されることになりました。フランスのトラン・アン・ユンが監督をつとめ、2009年2月の公開を目指します。

ノルウェイの森が、1987年の初版から21年の時を経て、映画化することになりましたが、村上春樹のファンとしては複雑な気持ちです。

確かに映画は見てみたいですが、登場人物には読み手個人個人の思い入れがあり、人物像があり、イメージがあります。それを実写化することにより、壊されてしまうのです。そう考えると、ちょっと寂しい気もします。

ノルウェイの森の人気は日本だけにとどまらず、世界36の言語で翻訳出版され世界的ベストセラーになっています。熱烈なファンの1人が、1995年に『シクロ』でヴェネチア国際映画祭の金獅子賞(グランプリ)を獲得しました。その監督がユン監督でした。

フランス語版を読み、「青春の満たされない渇望、過激な主張、死の選択、大人に向かう道程など、だれもがたどる人生の経験を描いた作品」と心酔し、日本人俳優による日本での映画化を思い立ったそうです。果たして彼が持っている作品のイメージはどのようなキャスティングをするのでしょうか。

 「自分にとっても特別な作品であり、映像化は無条件でOKというわけにはいかない」と語っていた村上春樹でしたが、ユン監督の作品が好きだったこともあり実現となりました。

ユン監督は、「原作は力強く繊細であり、激しさと優雅さが混とんとしていて、官能的かつ詩情にあふれている。つまり、映画化するための数多くの幅広い題材を内包しているのです。この作品を映画化したいと直感したことが、原作の素晴らしさと豊かさの正当な評価につながると信じています」と意欲を見せています。その通りの素晴らしい作品に仕上がることを期待しています。

過去ページで紹介したノルウェイの森
[PR]
by set_them_free | 2008-07-31 08:09 |

やっぱりリケルメはすごかった

反町ジャパンの堅守は、南米の雄に対しても十分に通用したといってよいのでしょうか。防戦一方のなかでも、ショートカウンターの1失点だけに抑えました。DF森重が「思ったよりも通用した。結果的には負けたけど、守備はそんなに崩れなかった」語っていたように、本番でディフェンディングチャンピオンを飲んでしまう可能性すら期待できました。

安田はあまり守備が上手くなく、切り替えし一発に振られてしまいましたが、それ以外は、DF4人が粘り強く対応し、欧州の一線でプレーする相手に一歩も譲りませんでした。更に、内田、香川、本田は、十分に通用していました。他の選手も物怖じせず、ガンガン仕掛けていけば、もっとチャンスは広がったのでしょうが、この辺りはA代表を経験している差なのでしょうか。




確かに力の差は歴然としていました。リケルメを出場させるのは、日本から言わせば反則でしょう(笑)。彼らより強いチームになることは不可能です。ですが、一発勝負のサッカーの試合であれば、十分に勝機を見出せると感じさせられた試合でした。本田の「僕らはポゼッション率を競っているわけではない。勝負は紙一重だったと思います。」と姿が、いつもよりも頼もしく見えました。
[PR]
by set_them_free | 2008-07-30 08:14 | サッカー

北島康介 選手村の「食事は最高」


北京五輪の選手村がオープンし、日本勢では北島康介ら競泳代表が先陣を切って入村しまた。

選手村の状況で最も気になるのは食事。日本オリンピック委員会(JOC)は、日本で選手村の食事を想定したメニューの試食会を行うなど神経質になっていましたが、競泳陣にはかなり公表のようです。

北島康介も「今まで行った選手村の中では最高」と話しているように、みそ汁などの日本食も充実していて、中国料理にありがちな油っこさもないようです。

1月にJOCと各競技団体が選手村を視察した時には、部屋が狭すぎるとの声がでました。しかし、競泳陣が入った部屋は十分に広く、リビングではミーティングもできるんだそうです。
[PR]
by set_them_free | 2008-07-29 07:41 | 日々の出来事

テベス 史上最高額でマンUへ


サッカーのイングランド・プレミアリーグ、マンチェスター・ユナイテッド(マンU)が、ウエストハム・ユナイテッドからレンタル移籍中のアルゼンチン代表FWカルロス・テベスと英国史上最高額となる3200万ポンド(約68億5000万円)で契約を結ぶ見通しという報道がされました。

「カルロス(テベス)とは話した。われわれは彼を長期的なチーム作りの要素と考えている」と述べたと伝えています。確かに彼は(とてもそうには見えないが)24歳と若く、現在でもチームの中心の一躍を担っています。

テベスは昨季からマンUへレンタル移籍。39試合に出場して19ゴールを決めています。テベスの契約金は、チェルシーが2006年にアンドリー・シェフチェンコ獲得のためにイタリア・セリエAのACミランに支払った、3080万ポンドを上回るとみられますが・・・、シェフチェンコは全く活躍できませんでした。二の舞にならなければ良いですが。

シェフチェンコはまだしも、テベスに最高額というのは、どうでしょう?ちょっとスター性に欠けると思いませんか?
[PR]
by set_them_free | 2008-07-28 07:41 | サッカー

U-23日本、2-1で豪州に逆転勝利

サッカー男子の五輪代表(U-23日本代表)が、ホームズスタジアム神戸で壮行試合の第1戦となるU-23オーストラリア戦に臨み、2-1で勝利しました。



本田圭、香川らが先発メンバーに名を連ね、2トップは初めてスタメンでコンビを組んだ李と森本。「イエローカードは、わざともらいました!!」と自身のブログに書き込み、話題となっていたゴールキーパーの西川はスタメンから外されました。

試合は全体的に日本が押し気味の展開でした。しかし、34分にミスからオーストラリアに先制点を許します。しかし41分、内田の低いセンターリングを李がスルー。そのボールをポストとして受けた森本が、香川に決定機を演出。香川が落ち着いてゴールを決め、日本はすぐさま同点に追いつきました。

後半に入ると反町監督は谷口、梶山、さらにFWの豊田、岡崎らを投入。何度もオーストラリアゴールを脅かすと、試合終了間際の44分に岡崎がヘディングで決勝ゴールを奪い逆転しました。岡崎のヘディングは、シュートというよりも、後ろにそらすような感じでした。ヘディングした瞬間、枠を外れたと思いました。相手のキーパーも枠を外れると確信し、両手を上げてボールに触る意思が無いことをアピール。それが何故か・・・ゴールポストにあたって、ネットを揺らしました。ものすごい回転でもかかっていてバウンドが変わったのでしょうか?それともホムスタの柴が悪かったせい?

いずれにしても、しっかり勝った日本代表は、アルゼンチン代表との練習試合を行った後に、北京へと向かいます。

<U-23日本代表>
GK:18 山本海人
DF:7 内田篤人→ 13 安田理大(後半38分)、3 吉田麻也、4 水本裕貴(Cap)、5 長友佑都
MF:2 細貝萌→ 10 梶山陽平(後半8分)、16 本田拓也、14 香川真司、8 本田圭佑→ 11 岡崎慎司(後半29分)
FW:15 森本貴幸→ 9 豊田陽平(後半19分)、17 李忠成→ 12 谷口博之(後半0分)

サブ:1 西川周作、6 森重真人
[PR]
by set_them_free | 2008-07-25 07:36 | サッカー

NZ代表チーム、北京五輪に自前のバリスタを帯同

北京五輪に参加するニュージーランド代表チームは、選手への飲食サービスの一環として、コーヒーを入れる「バリスタ」を現地に帯同するようです。


すでに北京入りしているNZチームの食事担当責任者、デーブ・カリー氏によると「過去数大会はコーヒーマシンを持参していたが、スタッフがマシンを使ってコーヒーを入れていた。しかしあまり上手ではなかった。」「過去数大会を通じて分かったことは、選手たちが美味しいコーヒーを求めているということだ」と述べていました。大会期間中は1日に最高500杯のコーヒーを入れることになりそうとのこと。

美味しいコーヒーを飲める選手たちが羨ましいです。個人的には、バリスタにも興味があります。バリスタをやりながら、世界中を回れるというのも素敵だと思います。こんな仕事がしたいかも・・・。
[PR]
by set_them_free | 2008-07-24 07:53 | コーヒー

シリーズ最終巻『ハリー・ポッターと死の秘法』本日発売

f0176876_813970.jpgJ.K.ローリング原作のファンタジー小説「ハリー・ポッター」シリーズの最終巻『ハリー・ポッターと死の秘法』の日本語訳がいよいよ本日発売となります。

すでに原語の英語版では全7巻が完結しており、日本語訳版では6巻までが刊行されています。なお発売解禁日の23日には、くまざわ書店八王子店でのカウントダウンを皮切りに、都内5カ所で訳者の松岡佑子氏が参加しての発売記念イベントが実施される予定だそうです。

初版だけで200万部の大ベストセラーとなる、ハリポタの最終章。本が売れない原因を若者の活字離れとしてきた出版業界に、「もっと面白い本を書いてよ!そうしたら売れるから。」って訴えかけているような気もします。

私は既に英語版で読んでしまったので、あとからゆっくりと知人か図書館で借りるつもりです。最終巻も、いままで同様にハラハラドキドキさせられますが、子供から大人まで幅広く愛されている作品でもあり、すべてが皆さんの希望通りに進んでいきますよ。
[PR]
by set_them_free | 2008-07-23 08:02 |

モカが消える!? 輸入ストップ、在庫わずか

f0176876_7573620.jpgすっきりした酸味で国内でも人気の高いコーヒー豆「モカ」の販売を休止するコーヒー業者が相次いでいようです。輸入の98%以上を頼っているエチオピア産から基準値以上の残留農薬が検出され、厚生労働省が事実上、輸入にストップをかけています。再開のめどはたっておらず、喫茶店やスーパーの店頭などからモカが今後、姿を消す可能性もでてきました。

モカは、苦味が少なくて、酸味が強い、日本人が好む豆です。価格もそれほどたかくありませんでしたので、ブレンドコーヒーには多く使われていました。そのため「ブレンドの味が変わる」という心配をしている愛好家の声も多いようです。かといって安全性が確認されるまでモカを使うわけにはいかないでしょうし、ブレンドコーヒーが売りのカフェには難しい状況でしょう。

私が個人的に作っている「マイ・ブレンド・コーヒー」は、個人で楽しむためですので、価格は気にしていません。モカがブレンドされているものもありますが、まったく使われていないものもありますので、大きな問題ではありません。どちらかというと、苦味があって、酸味の少ないものが好みです。
[PR]
by set_them_Free | 2008-07-22 07:58 | コーヒー

野茂英雄 引退

f0176876_7514657.jpg日本人大リーガーの先駆者的存在で、日米通算で201勝をあげた野茂英雄投手が39歳で現役を引退しました。

今年4月にロイヤルズから戦力外通告を受け、その後、現役続行を希望していましたが、獲得へ動く球団がなく、引退を決心しました。

野茂英雄投手は、大阪出身で1990年に近鉄入り。日本球界では5年間で78勝をあげました。95年にドジャースへ移籍し、この年に新人王。特有の投球フォームは、「トルネード投法」と呼ばれ、全米にブームを巻き起しました。ストライキ等で人気が低迷しかけた大リーグを再び盛り上げるきっかけを作ったのが野茂でした。当時のクリントン大統領からは、日本からの最高の輸出品が野茂秀雄であると賞賛されました。

高その後、メッツ、タイガースなどを渡り歩きました。今季開幕はマイナーで迎え、4月5日にメジャー昇格、1000日ぶりの復帰登板を果たしましたが、結果を残せず、4月20日に戦力外通告を受けていました。

「多くの選手は、悔いはありませんといって引退していくけど、僕にはあります」多くの選手には悔いが残っていると思います。どれだけ頑張っても、自分の理想どおりにプレーできた人なんていないでしょうから。悔いがあるとはっきり断言して引退できることも、立派だと感じました。

メジャー通算成績は123勝109敗。ノーヒット・ノーランを2度記録ています。今、イチローや松井がメジャーで活躍できているのは、野茂の功績が大きいでしょう。日本で最も功績を残した投手といっても過言ではないでしょう。これからは新しいステージでの活躍を期待しています。
[PR]
by set_them_free | 2008-07-18 07:52 | 日々の出来事

ロナウジーニョ、ミランへ

f0176876_74975.jpgサッカーのイタリア1部リーグ(セリエA)、ACミランは、スペイン1部のバルセロナとブラジル代表FWロナウジーニョの獲得で合意したと発表しました。16日にミラノで身体検査を行った後、2011年6月末までの3年契約が結ばれる見込みです。

ロナウジーニョは03年にバルセロナに移籍し、05~06年シーズンの欧州制覇や国内リーグ2連覇の原動力となり、04、05年には国際サッカー連盟の年間最優秀選手にも選ばれていました。しかし、昨季は不振に終わり、バルセロナで構想外となっていました。ミランとマンチェスター・シティー(イングランド)が獲得を申し出ていましたが、大方の予想通り、ミランに移籍が決定しました。バルセロナが公表した移籍金は2100万ユーロ(約35億円)。ミランが欧州チャンピオンズリーグ(CL)の出場権を獲得した場合は、400万ユーロ(約7億円)が加算されるようです。移籍金、年俸では、マンCが条件で上回っていましたが、カカの存在などもあったのでしょうか。

ロナウジーニョは北京五輪に出場するブラジル代表に、オーバーエージ(OA、24歳以上)枠で選ばれていて、本人も出場を熱望しています。ミランは所属するブラジル代表MFカカの北京五輪出場を拒否するなど、OA枠の招集には応じない前例はありましたが、今回は特例で認める方針のようです。きっと、契約内容にも盛り込まれているのでしょう。

カカとロナウジーニョでブラジル色が濃くなるミランですが、今季のセリエAの中心になることは間違いないでしょう。
[PR]
by set_them_free | 2008-07-17 07:49 | サッカー