カテゴリ:コーヒー( 8 )

自家焙煎機

f0176876_8125231.jpg本当は、コーヒー豆屋さんに置いてあるようなでっかい焙煎機がいいのですが、普通の家庭で保有することは不可能です。






で、お勧めの焙煎機がこれです。
f0176876_8132847.jpgガスコンロの上に置いて、くるくると回すだけです。いるいるよりも均一に焼きあげることができます。しかし、コーヒーの皮がそこら辺に飛び散りますので、あとの掃除が大変です。更に、私はオール電化の家に引っ越したので、使うことができなくなりました・・・。庭にガスコンロを持ってきて使ってます。




後日、電気式のロースターもご紹介するつもりですが、こっちの方が美味しいと思います。
[PR]
by set_them_free | 2008-12-03 08:10 | コーヒー

NZ代表チーム、北京五輪に自前のバリスタを帯同

北京五輪に参加するニュージーランド代表チームは、選手への飲食サービスの一環として、コーヒーを入れる「バリスタ」を現地に帯同するようです。


すでに北京入りしているNZチームの食事担当責任者、デーブ・カリー氏によると「過去数大会はコーヒーマシンを持参していたが、スタッフがマシンを使ってコーヒーを入れていた。しかしあまり上手ではなかった。」「過去数大会を通じて分かったことは、選手たちが美味しいコーヒーを求めているということだ」と述べていました。大会期間中は1日に最高500杯のコーヒーを入れることになりそうとのこと。

美味しいコーヒーを飲める選手たちが羨ましいです。個人的には、バリスタにも興味があります。バリスタをやりながら、世界中を回れるというのも素敵だと思います。こんな仕事がしたいかも・・・。
[PR]
by set_them_free | 2008-07-24 07:53 | コーヒー

モカが消える!? 輸入ストップ、在庫わずか

f0176876_7573620.jpgすっきりした酸味で国内でも人気の高いコーヒー豆「モカ」の販売を休止するコーヒー業者が相次いでいようです。輸入の98%以上を頼っているエチオピア産から基準値以上の残留農薬が検出され、厚生労働省が事実上、輸入にストップをかけています。再開のめどはたっておらず、喫茶店やスーパーの店頭などからモカが今後、姿を消す可能性もでてきました。

モカは、苦味が少なくて、酸味が強い、日本人が好む豆です。価格もそれほどたかくありませんでしたので、ブレンドコーヒーには多く使われていました。そのため「ブレンドの味が変わる」という心配をしている愛好家の声も多いようです。かといって安全性が確認されるまでモカを使うわけにはいかないでしょうし、ブレンドコーヒーが売りのカフェには難しい状況でしょう。

私が個人的に作っている「マイ・ブレンド・コーヒー」は、個人で楽しむためですので、価格は気にしていません。モカがブレンドされているものもありますが、まったく使われていないものもありますので、大きな問題ではありません。どちらかというと、苦味があって、酸味の少ないものが好みです。
[PR]
by set_them_Free | 2008-07-22 07:58 | コーヒー

コーヒーの自家焙煎

では、いるいるを使った自宅で簡単に出来る焙煎方法の御紹介!


1.まずは、メジャースプーン(豆の量を測るスプーンです)で生豆を”いるいる”に入れガス台にかけます。

2.いるいるを左右に振りながら、強火で加熱します。2~3分位(室温や湿度、豆の常態により時間が変わります)すると色がつき、パチパチと生豆の皮がはじけ始めます。

3.ガスコンロから少し離して、予熱で好みの煎り具合にまで焙煎します。強火ですれば早く焙煎が進みますが、表面だけが焦げたり、焙煎をやめても予熱で焙煎が進んだりします。特に慣れるまでは弱火でコンロから少し離すことをお勧めします。

4.お皿に移して風通しをよくし、さまして下さい。コーヒーの皮は、焙煎中にほとんどはじけ飛んでいますが、豆の中にも混じっているはずです。これらを注意深く取り除いてできあがり!


ここまでは、一般的な煎り方です。次に私が取り入れている裏技を御紹介。

裏技1.ザル
焙煎後すぐに、100円ショップで購入した目の粗いザルに入れて、はじけた皮を取り除きます。この皮はきれいに取り除いておかなければ、美味しいコーヒーができません。

裏技2.冷凍
焙煎後お皿に移しても、予熱でじわっ~と焙煎が進んでしまいます。これを防止するために、豆を冷凍庫で冷やします。30分も冷やせば十分でしょう。そのまま忘れて、豆を凍らせないように注意してくださいね。

これでおいしいコーヒー豆の焙煎ができました。
焙煎度合いによって、味がかわります。色々と試してみてください。
[PR]
by set_them_free | 2008-07-04 08:31 | コーヒー

コーヒー自家焙煎の準備

先日、コーヒーミルについてご説明しましたが、コーヒーミルならすでに使っている人も多いと思います。そんな方に、更に美味しくコーヒーを入れる方法をご紹介します。

それはコーヒーの自家焙煎です。たまに、コーヒーショップやカフェの看板に書かれている、あの「自家焙煎」です。なんだか、一気にハードルが高くなったような気のしている方もいらっしゃるでしょうが、実は結構簡単なのです。

f0176876_7504194.jpg手軽に始めるには家庭用セラミック焙煎器が必要になります。私は「いる・いる」を使っています。いるいると検索すればすぐに見つかると思いますよ。価格は3000円程度です。これがあれば、ガスコンロで簡単に焙煎が出来ます。私のように、オール電化の家は、ガスコンロが必要となりますが・・・。






そして、生豆です。生豆なんてどこに売ってるの?なんて思うかもしれませんが、コーヒー豆を売っているお店ならどこでも手に入ると思います。生豆はお客さんがすくなく、値札をつけていないところが多いですので、「生豆を分けてもらえませんか?」と聞いてみてくださいね。

コーヒー豆は焙煎すると水分が飛んで軽くなります。また、生豆は焙煎の手間がかかりません。私の経験では、生豆の価格は焙煎豆の10~20%offというお店が多いです。逆に、10~20%増量してくれるお店もありますね。いずれにしても、焙煎後の豆よりも高くなることはありません。

この材料がそろえばいよい焙煎です。次回は、焙煎の方法を御紹介します。
[PR]
by set_them_free | 2008-06-17 07:51 | コーヒー

コーヒーミルを使う

先日の「新鮮なコーヒー豆」から一歩進んで、更に美味しいコーヒーを飲む方法です。

コーヒーミルを購入しましょう。

自宅で豆を挽くだけで、より一層美味しいコーヒーが楽しめます。コーヒー豆を炒ったあとは、酸化が進んで風味が落ちることは前回お話しました。コーヒー豆は、挽くことにより空気に触れる面積が増加し、一気に酸化が進みます。コーヒー豆を挽くと、一気に風味が落ちるのです。

コーヒーミルは、電動式でも、手動のものでも、どちらでも構いません。電動は熱がでて味が落ちるという人がいれば、手動だと大きさが均一に揃わないという人もいます。どちらも事実で、味も変わりますが、どちらが美味しいかという質問に対しては、好みの問題ですと答えています。それぐらい、小さな差です。飲み比べしなければ、味の違いは感じ取られない程度です。

コーヒーを美味しく頂くには、焙煎後1週間以内、挽いた後でしたら3日以内に飲みきるように心がけてください。お客さんが来たときに、いつのものかわからないコーヒー豆を使ってコーヒーを入れるなんて、もってのほかです。

コーヒーミルを導入すれば、あなたのコーヒーが上品で味わい深いものに変わります。
[PR]
by set_them_free | 2008-06-06 20:31 | コーヒー

新鮮なコーヒー豆

私達が普段生活している環境下で、コーヒーの味を左右するのはやはり豆です。日本の軟水は、コーヒーを入れるには比較的適した水だと思います。ですので、美味しい軟水を購入しても、浄水器を通しても、水の性質が大きく変わるわけではありません。

やっぱり高い豆を買わなければ美味しいコーヒーが飲めないのか・・・と諦める前に、同じ豆でも美味しくコーヒーを入れる方法があります。コーヒー豆は鮮度が命です。鮮度の高いコーヒー豆を使いましょう。コーヒー豆は焙煎すると、酸化していきますので、だんだんと風味が落ちていきます。

美味しいコーヒーを飲むために、以下の工夫をしましょう。
1.鮮度の高い豆を購入しましょう。(当たり前ですね♪) 自家焙煎していて、お客の回転の多いお店であれば、鮮度の高い豆が購入できるはずです。間違っても、焙煎後の豆を直射日光の当たる場所に、ディスプレイしているようなお店は避けてくださいね。

2.なるべく空気に触れないようにしましょう。購入した後は、密閉容器にいれて冷蔵庫で保管しましょう。どうしても長期保存(2週間)する場合は、冷凍庫でも良いと思います。

これらは基本中の基本です。誰にでも簡単にできますね。
次回は、更に美味しいコーヒーを入れる方法をご紹介します。
 
[PR]
by set_them_free | 2008-06-02 14:01 | コーヒー

私のコーヒーの楽しみ方

コーヒーの飲み方、楽しみ方には色々あるでしょうが、私にとってコーヒーは無くてはならない存在です。午後のティータイムはもちろん、毎食後、勤務中にもコーヒーが必要です。今も、デスクの上に大きなマグカップに入ったコーヒーがあります。

飲み方は、ブラックが基本です。朝食時に飲むコーヒーだけは、ミルクをたっぷり入れてオーレにします。砂糖をいれることはほとんどありません。これだけたくさん飲むので、砂糖を入れると、体型が大変なことになってしまうと思います(笑)

週末になると、コーヒーの生豆を自分で煎ります。手間も掛かりますし、こんなことまでする必要はないのでは・・・?なんて考える方もいらっしゃるでしょうが、焙煎仕立てのコーヒーはとても香りが良くて美味しいのです。

コーヒーの焙煎方法に関しても、今後紹介していきたいと思います。
[PR]
by set_them_free | 2008-05-30 07:18 | コーヒー