カテゴリ:サッカー( 72 )

親善試合、イングランドが米国に快勝

サッカー親善試合のイングランド対米国が28日にウェンブリー・スタジアムで行われ、イングランドが2―0で快勝しました。イングランドは前半38分に主将のテリーが、ベッカムのFKを頭で合わせ先制。後半14分にジェラードが追加点を決めました。イングランド代表のデビッド・ベッカムが出場し、代表キャップ数101試合を記録しました。

普段ならなんでもない親善試合のはずでしたが、ジョン・テリーにとっては特別な試合でした。21日の欧州チャンピオンズリーグ(CL)決勝(対マンチェスターユナイティッド)で、決めれば欧州クラブ王者というPKを失敗。代表合流も気持ちの整理が付かず「マンチェスターUの選手と顔を合わせなければいけない」と、複雑な気持ちだったそうです。

ゴール後、マンUの選手らからも祝福され、「このゴールは…。すべてのチェルシーファンにささげたい」と声を詰まらせていました。このゴールでふっ切れて、来年もチェルシーで彼本来のプレーを見せてもらいたいものです。

そしてもう一つ。ウェイン・ルーニー(マンチェスターU)、マイケル・オーウェン(ニューカッスル)、フランク・ランパード(チェルシー)、スティーヴン・ジェラード(リヴァプール)、オーウェン・ハーグリーヴス(マンチェスターU)、ジョー・コール(チェルシー)、アシュリー・コール(チェルシー)、リオ・ファーディナンド(マンチェスターU)、そしてジョン・テリー(チェルシー)。こんなすごいメンバーのいるイングランドが、エウロ2008で見られないなんて。Jリーグにくれば、一人でチーム戦術をがらっと変えてしまえるぐらいの実力の持ち主です。アジアに4枠も与えられるワールドカップよりも、EUROのほうがレベルが高いと言われるのもうなずけますね。
[PR]
by set_them_free | 2008-06-01 20:34 | サッカー

キリンカップ パラグアイ戦

サッカー日本代表は埼玉スタジアムでキリンカップのパラグアイ戦に臨みました。結果は0-0で引き分け。1勝1分けの日本は、キリンカップ2連覇を達成しました。・・・が、満足いく内容とは程遠かったように感じました。

岡田ジャパン初招集の中村俊輔が先発。、時折鮮やかなパスを繰り出しました。 この日は右サイドバックに阿部勇樹が入ったこともあり、左サイドの長友は積極的な上がりをみせます。コートジボアール戦に引続き、一番の収穫はこの長友ではないでしょうか。

右サイドが守備の良い阿部勇樹だったこともあり、ディフェンスラインは安定して見えました。しかし、決定機は少なかったです。左サイドで小刻みにパスを繋ぎ、俊輔のセンターリングをトゥーリオが、頭で合わせたシーンが一番の見せ場だったでしょうか?

たしかに、現在ワールドカップ南米予選で、ブラジルやアルゼンチンを押さえて首位に立つ、各上のパラグアイとはいえ、彼らは国内組み中心の言わば1.5軍。やっぱり勝ちが欲しかった試合でしたね~。

キリンカップの優勝?そんなの関係ありません。今は、ワールドカップ予選に向けて、チーム力を高めることが、海外組みをうまく融合させることが最重要!その割には、若干迫力に欠けたかなぁ~。

それにしても、中村俊輔はやっぱり凄いですね。果たして1週間で、うまく海外組みを融合させることが出来るのでしょうか?次は、絶対に負けられない戦いです。日本代表は6/2に、ワールドカップ3次予選の第3戦、オマーン戦に臨みます!

ガンバレ、日本!
[PR]
by set_them_free | 2008-05-28 08:09 | サッカー