カテゴリ:サッカー( 72 )

イ・グノにより磐田活性化なるか?

f0176876_5265939.jpgナビスコ杯を含む今季公式戦で唯一勝利のなかったジュビロ磐田が、新加入の韓国代表FW李根鎬=イ・グノの2ゴールなどで清水に3―0と快勝しまた。守備陣も踏ん張って今季初の無失点勝利で最下位を脱出しました。

李根鎬(イ・グノ)は昨オフに韓国Kリーグの大邱を退団。パリSG(フランス)など欧州クラブへの移籍を目指し交渉しましたが、実現せず移籍市場が閉じて無所属に・・・。シーズン途中でも移籍可能なJクラブに売り込みをかけ、不調の磐田から声がかかりました。

とはいえ国際Aマッチ19試合8得点の実力は本物で、磐田はとてつもない掘り出し物を手にした可能性がある。
[PR]
by set_them_free | 2009-04-21 05:36 | サッカー

勝ちきれない日本、オーストラリアにドロー

f0176876_8222297.jpgW杯アジア最終予選で日本代表は、06年大会1次リーグ初戦で1-3の逆転負けを喫した強豪オーストラリアに0-0で引き分けました。いい試合はしていましたが、勝ちきれないという、いつもながら?の試合となってしまいました。

日本代表は松井大輔(サンテティエンヌ)が左サイドで先発。玉田のワントップを、田中達也(浦和)、中村俊輔(セルティック)の2列目がサポートします。GKは都築龍太(浦和)が先発。日本は前半、松井、田中達のドリブル突破や、裏への抜け出しでチャンスを得て、優勢にゲームを進めます。

後半12分、松井に替わり大久保嘉人(ヴォルフスブルク)が出場。後半20分過ぎには中村俊のパスに大久保が合わせるなど再三のチャンスを作りましたが、得点には至りませんでした。あと1歩というコメントは、もう聞き飽きました。あと1歩がとても大きく、とても難しい差なのです。

各組2位までがW杯本大会進出することができますので、W杯出場だけを考えれば大きな問題はありません。が、W杯で勝つチームにするのであれば、大きな問題です。

シンプルにボールを繋いでいくサッカーはできています。が、相変わらず得点が取れません。これを打破するために、組織サッカーの精度を更に上げていくのか、大久保がコメントしていたように、もっと積極的にシュートを狙っていくのか。この選択支が与える影響は大きいと感じています。
[PR]
by set_them_free | 2009-02-12 08:46 | サッカー

中村俊輔帰国!

f0176876_952573.jpg重要な1戦に向けて、中村俊輔が7日のスコットランド杯を欠場し、欧州組1番で合流しました。

「豪州に特別な思いは?」と問われると10秒間おいて、 「同じことを2度、繰り返しちゃいけない。それだけは、気をつけないといけない」と答えました。そうです、オーストラリアはアジア最強なんて言われていますが、日本の方が強いというところを見せてやるんです。W杯の苦い経験を取り払うにも、オーストラリア戦は絶対に勝たなければいけません。

「泥臭いプレーでも何でもいいんで、勝ち点3を取って、差が広がらないようにしたい」。午後には横浜市内で汗を流し、6日の練習合流に備えた中村俊輔は、最強ライバル撃破に臨みます。
[PR]
by set_them_free | 2009-02-06 09:22 | サッカー

秋田豊 引退試合で3得点の活躍

f0176876_831224.jpg鹿島アントラーズなどで活躍し、2007年に15年間の現役生活に別れを告げた元日本代表DF秋田豊の引退試合がカシマスタジアムで行われました。

ともにOBが中心の鹿島アントラーズとジュビロ磐田が対戦し、秋田豊が得意のヘディングシュートなどで3得点を挙げた鹿島が4-2で逆転勝ちししました。


本田泰人や相馬直樹、名波浩ら懐かしい顔ぶれがそろいました。秋田豊と磐田・中山雅史の現役時代同様の攻防がスタンドを沸かせたようです。

秋田豊は京都でコーチを務めています。試合後のセレモニーで「大好きな鹿島を離れた時、皆さんに支えられていると思った。名古屋と京都に移籍して、いろんな経験をしたことが財産。将来、自分が愛した3クラブで監督をやりたい」と涙ぐみながらあいさつを行いました。

全盛期の印象が強いですし、名古屋や京都にいた(いる)と言われても、ピンと来ない人も多いと思います。彼のヘディングはディフェンダーとしても一流でしたが、セットプレーではたびたび得点源としてもチームに貢献していました。更に試合中に流血をすると能力がUPするという噂も・・・。アントラーズにも、代表にも欠かせない、貴重なプレーやでした。
[PR]
by set_them_free | 2009-02-02 08:41 | サッカー

<日本代表>バーレーンに敗れる アジアカップ最終予選

f0176876_816723.jpg遠藤が出られないとわかった時点で、嫌な予感はしていました。が、アジアカップ最終予選は、2位以内に入ればいいので、負けても問題はありません。が、嫌な負け方をしている、ワールドカップ予選のライバルには、こういう試合でも負けたくはありませんでした。

サッカーのアジアカップ最終予選A組第2戦の日本・バーレーン戦が行われ、日本は0-1で敗れました。日本は前半24分にS・イサにヘディングシュートを決められ、先制を許すと、後半は香川、興梠、巻と攻撃的な選手を相次いで投入しましたが、追いつくことはできませんでした。

FIFAのランキングは日本の34位に対し、バーレーンは89位。岡田監督就任後のバーレーンとの対戦成績は2勝2敗となりました。

私は、本田圭介に全く良い印象がありません。オリンピックでも、敗因の大きな要因の1つは、本田圭介だったように感じました。海外組みの、俊輔、大久保、松井、長谷部、ACLやカップ戦などで欠場することが多い遠藤。彼らがいなくなれば、左右のサイドは岡崎と本田になるのでしょうか?岡崎は最近良い動きをしています(が、決定力不足)が、本田はないでしょう!?せめて香川を使いましょうよ。

バーレーンクラスが相手だと、このメンバーは厳しいです。
[PR]
by set_them_free | 2009-01-29 08:27 | サッカー

放映権料が高額で生中継なしのバーレーン戦

28日にアジア・カップ最終予選のバーレーン戦(マナマ)を控えるサッカー日本代表ですが、なんと生中継がありません。

なんでも、放映権売買を仲介する海外代理店と、慌ただしい駆け引きがあった末、提示額が下がらなかったため、放映権の取得を見送ったようです。 日本協会事業部は設定価格を明らかにしていませんが、「深夜の番組として各局が求める額とは、数倍の開きがある」そうで、残り2試合も生中継なしとなるかどうかは、代表の人気とスポンサー次第。私は、何時でも生中継で見るのですが・・・。

確かに、この辺りは色々な駆け引きがあるのでしょうが、やっぱり代表戦ぐらいはしっかりと放送して欲しいものです。こんかいの放映権は、日本のテレビ局ぐらいしか買わないと思うのですが、提示額を引き下げないまま、どことも契約できないのなら、引き下げてでも放映権を売った方がいいと思うのですが・・・間違ってます?


f0176876_8245413.jpgそういえば、福西が引退してタレントになるという記事も出ていましたね。勿体ないような気もしますが、最近のプレーは質が落ちていたのでしょうか。
[PR]
by set_them_free | 2009-01-27 08:32 | サッカー

川口、右ふくらはぎ肉離

f0176876_8274691.jpg日本代表GKの川口能活が、24日の練習中に右足ふくらはぎを痛め、28日に当地で行われるアジア・カップ最終予選のバーレーン戦を欠場することになりました。
川口は25日の午前に検査を受け、肉離れの疑い。岡田武史監督は「出血しており、全治まで3~4週間。バーレーン戦は難しい」と説明しています。2月4日のフィンランドとの強化試合(東京)、同11日のワールドカップ(W杯)最終予選のオーストラリア戦(横浜)についても、「(出場は)厳しいんじゃないか」との見通しを示しました。
 日本代表のGKは楢崎正剛(名古屋)も左足の手術を受けて今回の遠征に招集されておらず、主力級2人を欠くことになります。 

長期にわたって、日本のゴールマウスは、川口と楢崎によって守られてきました。親善試合などでは、他のキーパーが出場することもありましたが、勝たなければならない試合では、必ず川口が楢崎に頼ってきました。

が、今回は違うキーパーが出場することになりそうです。これをチャンスだと思い、第3のゴールキーパーの奮起に期待しましょう!
[PR]
by set_them_free | 2009-01-26 08:32 | サッカー

中田英寿氏が財団設立「サッカーを通じて地方を活性化したい」

f0176876_820171.jpg元日本代表の中田英寿氏が一般財団法人「TAKE ACTION FOUNDATION」設立の記者会見を行いました。財団は“誰にとってもプラスになる機会を提供すること”を目的に、サッカーを利用したさまざまな活動を行う予定。

中田英寿氏は会見の席で、「世界中を回って見た現実、経験からこの財団を設立しました。誰にとってもプラスになる活動を僕たちが企画して、多くの人に参加して楽しんでもらいたい。現役を引退した選手たちで登録制のチームを作り、サッカーを通じて地方を活性化していきたいと思います」と語りました。

ヒデらしい活動ですね。何をするのかずっと楽しみにしているのですが、ヒデの活動は基本的にはボランティアがメインとなるのでしょうか?

財団は、地方都市の自治体や企業などにサッカーチーム「TAKE ACTION FC」を無償で派遣し、遠征試合やサッカークリニックなどのイベントを全国各地で開催するそうです。登録制となるTAKE ACTION FCのメンバーには、2008年シーズン限りで現役を引退した元日本代表の名波浩氏や森島寛晃氏、澤登正朗氏らが入っています。彼らのプレーをもう一度みる機会を与えてくれたことにも感謝ですね。
[PR]
by set_them_Free | 2009-01-23 08:27 | サッカー

日本が2-1で勝利 今年初戦を白星で飾る

アジアカップ最終予選Aグループ第1戦が熊本県民総合運動公園陸上競技場・KKウイングで行なわれました。日本代表は格下イエメンを相手に2-1で勝利しました。

f0176876_832139.jpg日本代表は試合開始から積極的に前に出て、終始ボールをキープ。前半7分に、ショートコーナーから田中達也がペナルティーエリアをドリブルで抜け出し、中央で待つ岡崎にゴロのパス。ゴール前で受けた岡崎が冷静にゴールを決め、早々と1点を先制した。

しかしここからが・・・。その後も攻め続けますが、狙い済ましたようにゴールポストを捕らえます。そして、後半2分、フリーキックからイエメンのファリドが頭で合わせ同点。後にも先にも、たった1本のシュートが、失点につながります。

後半21分に、再び中村憲剛のコーナーキックから、岡崎が頭で流したボールに田中達が飛び込み、勝ち越しのゴールを決めました。格下イエメンを相手に、試合内容では圧倒しましたが、決定力不足を再確認させられました。

確かに若手主体のチームではありましたが、もう少し点を取って欲しかったです。
[PR]
by set_them_free | 2009-01-21 08:36 | サッカー

横浜M、新体制発表…戦力補強は6月?

横浜マリノスが新体制を発表。サポーター750人が集結して盛り上がりましたが、目玉となる新加入選手は不在でした。

それどころか、田中隼磨や大島など主力を放出し、坂田も神戸から獲得オファーを受けて検討中。今冬の中心となった中澤は残留となりましたが、戦力ダウンは間違いない状況。

今オフの補強はこれ以上なく、セルティックMF中村俊輔の獲得が今年の目玉になるのでしょうか?

f0176876_8314672.jpgところで、中沢佑二のユニホームの表記が「BOMBER」、清水範久が「JIRO」となりましたね。これは愛着がわいて良い事だと思います。こういうのはどんどん取り入れて欲しいです。
[PR]
by set_them_free | 2009-01-20 08:37 | サッカー