侍ジャパン1次候補に34人

来年3月に米国で開催される野球の国・地域別対抗戦「ワールド・ベースボール・クラシック」(WBC)日本代表チーム「侍ジャパン」の1次候補34人が発表されました。

f0176876_80178.jpg当然ながら、マリナーズのイチローやレッドソックスの松坂大輔らが含まれています。  


投手陣では、松坂の他に、和田毅、杉内俊哉(共にソフトバンク)らが候補入り。野手陣は川崎宗則(ソフトバンク)らが入りました。初選出組では、今夏の北京五輪代表組からダルビッシュ有(日本ハム)、涌井秀章(西武)、田中将大(楽天)、阿部慎之助(巨人)らが順当に選ばれました。また、大リーグからは、城島健司(マリナーズ)や岩村明憲(レイズ)が選ばれました。

辞退者が続出した中日からは一人も選ばれませんでした。落合監督は、球団からの指示ではなく、あくまでも個人の意思と言っていますが、みんなが一丸となってやろうという時に、このような状況になるのは非常に残念でした。

当初は来年1月20日に発表する予定のようでしたが、各チームや選手本人の事情も考慮し、大幅に繰り上げられました。これはいいことだと思います。

日本代表侍ジャパンは2月15日に宮崎県でキャンプ入りし、25日に最終28人が確定します。全大会に続き、ワールドチャンピオンの座を勝ち取って欲しいですね。
[PR]
by set_them_free | 2008-12-16 08:01 | 日々の出来事