ジェフ千葉 逆転劇で残留! 劣勢はねのけ4-2に

f0176876_740498.jpg正直言って、ジェフはもうダメだと思っていました。知人に熱心なジェフサポがいて、なんとか残留して欲しいなと思っていたのですが、絶対に勝ち点3が必要な状態で、最終戦の相手がFC東京。優勝の望みこそ無くなったものの、ACLに向けてかなりのモチベーションで望んでくるはず。

が、奇跡がおこりました。さらに東京ヴェルディーとジュビロ磐田がそろって負けたため、見事にJ1残留を決めました。開幕から11戦勝ち星なしの状態からの大逆転残留でした。

試合は後半20分すぎまで2点を追う展開。途中経過を見ながら、私はあきらめていました。しかし、選手たちは違ったようです。29分にFW新居辰基が、その3分後にはMF谷沢達也選手がゴールを決めます。

さらにその3分後にFWレイナウドがPKを決めて逆転。その直後に谷沢が勝負を決定付ける4点目。千葉のサポーターは楽しかっただろうなぁ・・・。

J1残留には東京ヴェルディと磐田の負けが条件でした。試合終了後、勝利インタビューで残留決定を知らされると、選手とスタンドは一体となって喜びを爆発させます。多くの人が涙をしていました。私まで泣きそうになりました・・・。


一方のヴェルディーは降格が決定。さらに多くの選手を解雇し、若手の育成を・・・ということは、数年間はJ1復帰が無いでしょう。柱谷監督やラモスが怒るのも無理はありません。

ジュビロ磐田は、サッカーの神様が名波の引退を2試合ばしたかったのかな?とはいえ、元日本代表の平瀬がいる、仙台も相当の覚悟で挑んできます。水曜日が楽しみです。
[PR]
by set_them_free | 2008-12-08 07:55 | サッカー