戦力外通告

レッズの岡野、内舘が、神戸では栗原が、マリノスでは大島、高桑が戦力外通告を受けました。いずれも、チームにとって必要な戦力でありましたが、世代交代の波は必ずやってきます。現在発表されているのは、ある程度年齢のいった選手だけですが、これからは若手も増えてくるのでしょうね。

今シーズンもベンチ入りし、試合にも出ていた選手たちだけに、ちょっとびっくりするような人もいましたが、若い選手を伸ばしていくには、必要なことです。プロなのですから。

大島はJ1のどこかが拾ってくれるでしょうが、それ以外の選手は年齢面からも厳しいかもしれません。が、そこはプロとして割り切って、J2やJFLの活性化に貢献して欲しいものです。

下部リーグのそこ上げが、J1のレベルアップにもつながります。
[PR]
by set_them_free | 2008-11-28 07:47 | サッカー