米財務省がシティへの1.9兆円の出資発表、優先株取得へ

やっぱり公的資金が入りましたね。ただ、これだけの規模の会社ですから、金額もかなりのものです。

アメリカの財務省は23日遅く、米金融大手シティグループ支援策の一環として、同社に200億ドル(約1兆9000万円)を出資し、優先株を取得する方針を明らかにしました。シティグループの支援策をめぐる週末の協議後、明らかにされたものです。発表によりますと、同省と米連邦預金保険公社は、シティのバランスシート上のローンおよび証券約3060億ドル相当を保証する方針。アメリカ財務省は、米連邦準備理事会(FRB)が、この資産プールの追加リスクについて、ノンリコースローンの提供を通じて保証する用意があるとも述べています。

ただ、5万人の人員削減・・・。ここに務めている人達は、どういう気持ちで仕事をしているのでしょうか?明日は我が身!?
[PR]
by set_them_free | 2008-11-25 08:01 | 日々の出来事