札幌5試合残し“史上最速”降格

札幌が“史上最速タイでJ2落ちを決めました。ホームで柏に0-2で敗れ、まだ5試合が残っている状況です。

f0176876_7461575.jpgしかも98年、02年に次ぐ3度目の降格は京都と並ぶワーストタイ。三浦監督は「責任を感じている。1つは力不足、もう1つは経験不足、3つ目はケガ人が多く厳しかった」と厳しい表情で振り返りました。

6年ぶりに臨んだJ1リーグでしたが、開幕前から誤算が連続。新外国人MFアルセウは契約7日目で「戦術が合わない」と退団。FWノナトはリーグ戦1試合出場に終わる。昨季J2優勝の原動力となったDF曽田、中断期間中に加入したDF箕輪ら中心選手はケガで戦線離脱。

まぁ、怪我などを言い出すとどこのチームも言いたいことがあるでしょうが、これでチームがボロボロになった選手層の薄さが最も大きな原因だったのかもしれません。

来シーズンは、オシム親子を監督やフロントにすえて、再起をかけているようですが、選手層を熱くしなければ。名監督でも怪我人を防ぐことは出来ません。(練習方法で減らすことはできますが・・・
[PR]
by set_them_free | 2008-10-21 07:50 | サッカー