岡田ジャパン「内容より勝ち点3」 W杯最終予選

さあ、いよいよウズベキスタン戦の日がやってきました。ウズベキスタンは、しっかり守って何度か訪れるであろう、カウンターを得点に繋げるというスタイルでくることが濃厚です。

f0176876_7581633.jpgW杯予選の戦い方は、アウェーで引き分けて、ホームで勝つことです。ホームでは、引いてくる相手にからも、確実に勝ち点3を取らなくてはなりません。そのためには、点数が必要となります。サッカーにはつき物である「事故」で1点を失っても、安心してみていられるようなゲーム運びを期待します。

長友が怪我で離脱したようですので、最終ラインは、阿部、闘利王、中澤、内田。ボランチには遠藤と長谷部が入りそうです。2列目は大久保、香川、中村になりそうですが、大久保と香川のポジションがどうなるのでしょうか。個人的には、大久保が真ん中に入った方が良いような気がします。FWは玉田でしょうね。流れによっては、岡崎や興梠の出場もあるでしょう。

今日は早く帰って、ゆっくりとテレビ観戦します。
[PR]
by set_them_free | 2008-10-15 08:05 | サッカー