NYダウ、4年ぶり終値1万ドル割れ

f0176876_815494.jpg週明け6日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は、金融危機に伴う世界的な景気後退懸念から急落、前週末比369.88ドル安の9955.50ドルで取引を終えました。ちょっといつもの趣向と違う内容ですが、私もFXをやっていますので、気になって取り上げて見ました。

一時、取引時間中では過去最大の下げ幅となる800.06ドル安を記録した。終値で1万ドルを割り込むのは2004年10月下旬以来、約4年ぶりです。実は、昨日の勤務中に同僚から相談を受けました。もう、今にもロスカットされそう・・・、と。

彼にFXを教えたのは私ですが、調子にのって私の助言(ルール)を無視した取引をしていました。昨日の時点でのレバレッジは、50倍。あの乱高下の状況でのレバレッジ50は、デイトレーダーにしか扱うことはできません。私達のようなサラリーマンには不可能です。

で、いくつかのポジションを損切りさせました。まぁ、それでも55万円の教育費で済んだのだから、安いものか。それにしても、こんな時だけ泣きつかれてもねぇ。
[PR]
by set_them_free | 2008-10-07 08:15 | 日々の出来事