麻生氏「消費税 将来は10%」 福祉目的税化も視野

巷では、麻生太郎が有利と言われていますが・・・。消費税10%は頂けません。これにより集めたお金は、借入金の削減にあてるのではなく、地方にばらまくつもりなんでしょうね。

f0176876_7473250.jpg自民党総裁選に立候補している5候補が、テレビの討論番組に出演し、経済財政運営のあり方を中心に激論を交わしました。 優位に立つ麻生太郎幹事長はフジテレビ「報道2001」などで、増大する社会保障費の財源に関し「日本では『中福祉、中負担』が行き着く先となると、消費税率10%というのは1つの目安だ」と語り、10%程度への引き上げは避けられないとの認識を示しました。

たしかに、今のままの消費税率では日本が破産しかねないと思います。私自身も消費税率引き上げは仕方の無いことだ思います。

しかし、その前にしっかりとやってもらわなければならない問題が山のようにあります。給料をもらっておきながら、適当にしか仕事をやってこなかった役人たち。視察などといって、税金で海外豪遊をしてきた議員たち。競合をさせず、便宜を図った見返りに企業から賄賂をもらう人々・・・。こういう不正を全て削除して、不正に使用した費用を全部返してもらえたなら、消費税の増税も納得できるというものです。
[PR]
by set_them_free | 2008-09-16 07:47 | 日々の出来事