清原が復帰2戦目で2シーズンぶり安打



8月3日に695日ぶりに1軍の打席に立ったオリックス・清原和博(40)が1-2とリードされて迎えた7回1死一塁、小瀬の代打で登場しました。カウント1-3からソフトバンク三瀬の135キロ直球をセンターにはじき返し、2006年9月2日以来となる安打を記録しました。

代走・山崎浩を送られてベンチに戻る際には、沸き返るスタンドにヘルメットを取って応えていました。

特に好きというわけではないのですが、頑張って復帰してきた人たちは応援したくなりますね。膝の状態を考えると、先はそれほど長くないのでしょうが、打席毎の集中力はかなりのもので、見ている人たちを魅了してくれます。

でも、やっぱりホームランが見たいですね。彼が試合に出るのなら、一度野球も見に行こうかな。
[PR]
by set_them_free | 2008-08-05 07:49 | 日々の出来事