「たばこ議連」発足へ

たばこ税の大幅引き上げを目指す超党派の「たばこと健康を考える議員連盟」が13日に正式発足します。「たばこ1箱1000円」の提唱により発足したが、「やみくもに値上げを議論すると日本たばこ産業の株価暴落を招きかねない」との声もあり、税額は慎重に議論していく構えのようです。

私はタバコが苦手ですので、たばこの値上げには大賛成です。税金が必要なら、貧しい国民から搾り取らずに、こういう余剰費用から取るべきだと考えています。タバコなんてなくなっても、生活には影響ないのですから。

こういうことを言うと、タバコ産業の株がなんて言い出す人も出てきますが、タバコが衰退していくのは目に見えています。自由競争社会ですから、タバコ産業だけを守ろうとするのはおかしいです。中小企業や町工場が倒産していくときだけ、自由競争社会なんていうのはおかしいです。タバコが駄目なら、他に生き延びていく手段を構築すべき。JTだって食品を作ったりしてますしね。

ここは一気に「たばこ1箱1000円」へ引き上げて、なんて考えるのは私だけではないと思います。それとも、消費者が離れていくと税金が集まらないので、少しずつ金額を引き上げていくのが政治家の狙いでしょうか!?
[PR]
by set_them_free | 2008-06-11 07:52 | 日々の出来事